×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

これでもレストアしたの?【三菱レオ】

むかし、家に「レオ」があった・・・

放置されていた頃のレオと私(昭和41年頃)

昭和34年生まれの私の小さい頃には、ウチにはレオが居ました。
と言っても私が知っているレオは、元気に走り回る姿ではなく
隣の空き地に放置してあったのです。

レオ発売当時、輪業店を営んでいた父親が販売したものを、
廃車の際譲り受けてきたものです。
でも、私が小学校の低学年だった頃に、空き地に家が建つ事になり
その可愛らしい三輪車はスクラップにされてしまったのです・・・

昭和54年、運転免許を撮った頃、全国に残った現役ボンネットバス訪ね歩きました。
同時にめっきり見かけなくなったオート三輪も捜し歩いたのですが
幼い頃の記憶に残る「レオ」には、博物館でしかお目にかかれませんでした。
レオが欲しいなぁと思い始めたのはその頃からです。
しかし、ダイハツのミゼットやマツダのK360と違い、
レオはそれこそ博物館級で当時は現存5台程度と言われていました。

夢の夢を追いかけていてもしょうがないので
「レオ」の次に好きだった「マツダK360」を
ネットオークションで見つけ手に入れたのは平成になってからです。

ところが、平成19年の誕生日・・・
その日、旧車つながりの友人から「お誕生日おめでとう」メールが届いたのですが
メールを開いてみると、1台の見たことの無い「レオ」の画像が・・・

メールに添付されていた画像

『お誕生日おめでとうございます。
お祝いにレオをお譲りします。』
と、意味不明なコメントが・・・
だって、その友人がレオを持っているわけ無いし・・・
待てよ、レオの画像をくれるのか?
それとも、レオ発見の情報をくれるのか?

真相を友人に聞いてみると、
半年ほど前に極秘に手に入れて整備していたものの
私が、いつも「レオどこかに居ない?レオが欲しい、欲しい」と言っているので
隠し切れなくなり、しょうがなく私に譲ってくださると言うのです。。。

その瞬間、今までに無いくらいの感動が込み上げてきました。
長年欲しかったレオが・・・うう、

そして、平成20年1月のイベントでの公開を前に
旧車仲間と車検取得のための修理を行い
イベントの僅か1週間前に、レオは40年ぶりにナンバーが付いたのです。

2008年ニューイヤーミーティング

そのレオが、私のガレージにやってきたのは、
平成20年3月のことです
でも、サビサビの車体は貫禄ありすぎ
このまま未再生で維持するのか
完全レストアして新車のようにするのか・・・
いろいろ考えましたが、未再生状態で走れるレオは、それこそ博物館にもありません
そんなわけで、人前に出すのはちょと恥かしいけど
遠い昔から蘇った「ゾンビ レオ」は未再生のまま残す事になったのです。

それでは「レストア日記」にならないので
少しは手を付けた部分を紹介します。

前置きが長すぎて済みません。。。

つづく・・・のか?



トップへ
戻る